2018年3月1日のゆうパック運賃の値上げ前後の料金比較




郵便局からダンボールで荷物を送ることができる日本郵便のゆうパックの2018年3月1日から実施された運賃値上げにより料金はいくらになったのか、ゆうパック運賃の値上げ前後の料金比較です。最後に値上げ理由についても触れています。

2018年3月1日の料金改定はゆうパックのみで、定形郵便・定形外郵便・レターパックライト・レターパックプラス・スマートレター・ゆうメール・ゆうパケットの料金変更はありません。

今回値上げされたゆうパックの金額の目安は、従来よりも12%金額が引き上げられた結果となり、それでもヤマト運輸の宅急便と比較すると6%安い金額に落ち着いています。

スポンサーリンク

ゆうパック運賃の値上げ内容

2018年3月1日のゆうパック運賃の値上げ内容は以下の通りです。

サイズ 値上げ運賃(沖縄以外) 値上げ運賃(沖縄)
60サイズ +110円 +40円
80サイズ +110円 +90円
100サイズ +130円 +140円
120サイズ +160円 +190円
140サイズ +190円 +240円
160サイズ +190円 +240円
170サイズ +230円 +290円

今回のゆうパック運賃の値上げは、沖縄に送る場合の料金と沖縄以外の地域に送る場合の料金でその値上がりする金額が異なります。

また、これまでゆうパックは30kg以内の郵便物を送ることが出来ましたが、25kgから30kgの郵便物については基本運賃+500円という重量による料金加算が追加されます。

(重い荷物は配達する人の負担が大きいため)

関連:重量ゆうパックの送り方(重さ25kgから30kgに対応)

ゆうパック運賃の値上げ前後の料金比較

今回のゆうパック運賃の値上げにより、利用者が支払う料金はいくらになったのか、運賃値上げ前後の料金比較です。

例として、関東(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県)から近畿地方(大阪府・京都府・兵庫県・奈良県)まで発送したゆうパックの料金となっています。

サイズ 値上げ前 値上げ後
60サイズ 840円 950円
80サイズ 1,070円 1,180円
100サイズ 1,280円 1,410円
120サイズ 1,500円 1,660円
140サイズ 1,720円 1,910円
160サイズ 1,930円 2,120円
170サイズ 2,250円 2,480円

これまで東京都内から大阪府内まで60サイズのゆうパックを送ると840円(持ち込み割引前)だった料金が今回の値上がりにより950円(持ち込み割引前)となります。

ヤマト運輸の宅急便との料金比較

今回値上げされたゆうパックの金額の目安は、ヤマト運輸の宅急便と比較すると6%安い金額に落ち着いているのですが、その具体額は以下の通りです。

例として、関東(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県)から近畿地方(大阪府・京都府・兵庫県・奈良県)まで発送したゆうパックと宅急便の料金となっています。

サイズ ゆうパック 宅急便
60サイズ 950円 1,015円
80サイズ 1,180円 1,231円
100サイズ 1,410円 1,469円
120サイズ 1,660円 1,685円
140サイズ 1,910円 1,922円
160サイズ 2,120円 2,138円
170サイズ 2,480円 取り扱いなし

60サイズの荷物を東京都内から大阪府内まで、ゆうパックで送ると950円(持ち込み割引前)、宅急便で送ると1,015円(持ち込み割引前)となり、その差額は50円ほどとなっています。

持ち込み割引についてはこれまでと変わらず、ゆうパックは郵便局・コンビニ(ローソン・ミニストップ・セイコーマート)、宅急便はクロネコヤマト営業所・コンビニ(セブンイレブン・ファミリーマート・デイリーヤマザキ)に荷物を持ち込むと送料が100円ほど安くなります。

ゆうパック運賃の値上げ理由

今回のゆうパック運賃が値上げとなった理由は「人件費単価上昇への対策」で、今のままでは利益が出ない状態となっているのです。

具体的には、荷物を配送するドライバーさんが足りていない人手不足状態なので広告費などお金を使って採用を強化する必要がある、そして新たに採用したドライバーさんと既存ドライバーさん(残業時間増大中)の人件費を支払う必要があるためです。

人件費による値上げは今回の日本郵便だけではなく、同業他社であるヤマト運輸と佐川急便も合わせて値上げを行っています。

これまでのゆうパック運賃値上げの歴史

 ◼︎2014年4月1日の値上げ

2014年4月1日に消費税率が5%から8%に上がることを受けて、日本郵便(郵便局)のはがき、ゆうパック、ゆうメール、レターパック、定形郵便、定形外郵便などの郵便サービス、そして各種オプションサービスが値上げとなりました。

ゆうパック:800円→810円に値上げ(60サイズを東京都から大阪府)

関連:2014年4月1日の郵便料金改定による値上げ前後の料金比較

◼︎2015年8月1日の値上げ

今回と同じく人件費の高騰と運送費の上昇を受けて、ゆうパックだけが値上げとなりました。

ゆうパック:810円→840円に値上げ(60サイズを東京都から大阪府)

関連:2015年8月1日のゆうパック値上げ前後の料金比較

◼︎2017年6月1日の値上げ

郵便受けへの投函が出来ず、不在の場合は不在届を投函し、再配達となってしまうサイズが大きい定形外郵便とゆうメールの人件費負担増を受けて、定形外郵便とゆうメールに規格内と規格外というサイズ区分が設置されました。

このタイミングで値上げとなったのは定形外郵便・ゆうメール・はがきのみで、ゆうパックの運賃変更はありませんでした。

ゆうパック:810円→810円で値上げなし(60サイズを東京都から大阪府)

関連:2017年6月1日の郵便・切手の値上げ一覧!ゆうパックやレターパックなど完全網羅


スポンサーリンク

関連記事

人気記事

郵便局ゆうパックの発送が出来るコンビニ一覧などいろいろ
郵便局ゆうパックなど日本郵便から貴重品や現金を送る方法とその補償
ローソンゆうパックのコンビニ受け取りと郵便局留めの方法
エコ不要のパソコンを無料で廃棄できる郵便局のエコゆうパック‏
ゆうパック郵便100サイズのダンボール箱の大きさの測り方と安く買う方法
当サイトで人気の送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
レターパックライト 360円 日本郵便
ゆうパック 800円~ 日本郵便
宅急便 907円~ ヤマト運輸
ゆうメール 180円〜 日本郵便
クリックポスト 185円 日本郵便

送料が安い送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
ミニレター 62円 日本郵便
定形(普通郵便) 82円~ 日本郵便
定形外(普通郵便) 120円~ 日本郵便
スマートレター 180円 日本郵便
クリックポスト 185円 日本郵便

用途別の一番安い送り方
【小型】小型で送料が一番安い送り方 【大型】大型で送料が一番安い送り方
【追跡】追跡できる一番安い送り方 【着払】着払できる一番安い送り方
【速達】速達がある一番安い送り方 【補償】補償がある一番安い送り方
【複数】複数荷物の一番安い送り方 【日時】日時指定の一番安い送り方

近くのコンビニから送る
レターパックの購入と発送が出来るコンビニ一覧とかいろいろ ゆうパックの発送が出来るコンビニ一覧などいろいろ ファミリーマートから荷物を送る方法と荷物を受け取る方法 セブンイレブンで宅急便を送る方法と宅急便を受け取る方法 ローソンで荷物を送る方法と荷物を受け取る方法

送り方を探す
場所から送り方を探す

コンビニや郵便局など宅配便・郵便で送る荷物を差し出せる場所をまとめています。

料金から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの料金を比較出来るように一覧としてまとめています。

品目から送り方を探す

本・食べ物・家電など送るものに適した宅配便・郵便の送り方をまとめています。

割引から送り方を探す

送料が毎回10%引きになる割引や無料で梱包アイテムを手に入れる方法です。

日数から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの荷物が到着するまでの日数をまとめています。

目的から送り方を探す

着払いや速達など宅配便・郵便のサービスごとのオプションをまとめています。

小さい荷物の送り方

本・雑誌・書類・CD・DVDなど小さい荷物を安く送る方法をまとめています。

大きい荷物の送り方

大量の衣類や漫画のセットなど大きい荷物を送る方法をまとめています。


このページの先頭に戻る

このサイトのトップページへ


このページの先頭へ