とうもろこしを郵送で安く送る発送方法と梱包方法




自宅で採れたとうもろこしや貰い物のとうもろこしをヤマト運輸・佐川急便・日本郵便などの宅配便や郵送で安く発送するための配送方法と梱包方法についてです。

フリマアプリのメルカリ・ラクマ、そしてヤフオクなどのネットオークションに出品している方も参考にしてみてください。

送料が一番安い最安値の送り方は宅急便コンパクトで、ゆうパックやチルドゆうパックでも送ることができます。

とうもろこしは常温で保存すると劣化が早い品目になるため、基本的にはクール便で送るようにしましょう。

とうもろこしの梱包方法

とうもろこしの梱包方法は、とうもろこしは皮やひげを剥かずにそのままの状態で梱包します。

皮を剥いてしまうととうもろこしは乾燥しやすくなり劣化を早めることになるので、必ず粒を覆った状態にしておきましょう。

ひげに関しても調理して食べることができるので、とうもろこしに付いているものは全て残しておくのがおすすめです。

とうもろこしの皮が乾燥から守る役割をしているので必須ではありませんが、まずは1本ずつOPP袋やポリ袋へ入れていきます。皮が付いていないとうもろこしの場合は必ず袋へ入れましょう。

OPP袋 大きい物のラッピングに最適






袋へ入れた後は、とうもろこしの本数に合わせたサイズのダンボールへ入れて梱包完了です。

ダンボールへ入れる際の注意点として、とうもろこしは立てた状態にしてダンボールへ入れていきます。そうすることで、よりとうもろこしの鮮度を保ったまま送ることができます。

そのため、使用するダンボールは底が浅いものより高さがあるものを使いましょう。

また、とうもろこしとダンボールの間に余計な隙間ができる場合は、配送中に動かないよう緩衝材を詰めて固定します。

緩衝材は新聞紙でも代用可能ですが、専用のエアー緩衝材もおすすめです。

エアー緩衝材 使いやすい箱入りタイプ





宅急便コンパクトでとうもろこしを送る

宅急便コンパクトの基本情報
送料 610円〜
サイズ 専用ボックス
発送場所 営業所・コンビニ
追跡番号 あり
着払い あり
補償 あり

とうもろこしはヤマト運輸の宅急便コンパクトが最も安い発送方法になります。宅急便コンパクトは別途70円で購入できる専用BOXに入れて送る方法で、皮が剥かれた状態のとうもろこしであれば送ることができます。

宅急便コンパクト 専用 梱包箱






宅急便コンパクトには箱型と封筒型の二種類の専用BOXがありますが、とうもろこしの場合は厚みがあるので箱型を利用します。

ただしその場合、とうもろこしは皮付きのものだと厚み制限の5cmを超える可能性があるので、宅急便コンパクトは皮が剥かれたとうもろこしの場合に利用しましょう。

宅急便コンパクトで送る場合は常温発送となりますが、とうもろこしは収穫後も糖分をエネルギーに変えて成長を続けようと呼吸するため、常温の環境では劣化及び消耗が激しく、数時間程度でも品質が落ちる食べ物です。

そのため、収穫直後で配送先が当日もしくは翌日すぐに届く距離の場合を除き、常温での発送はおすすめしません。特に発着が北海道や沖縄になる場合は注意しましょう。

基本的には後述するチルドゆうパックなどのクール便で送るのが適しています。

送料は配送元・配送先エリアによって異なります。例えば、北海道から東京都まで送る場合の送料は830円になります。

宅急便コンパクトの発送方法は、購入した専用BOXにとうもろこしを梱包します。

送り状はヤマト運輸の営業所かコンビニ(セブンイレブン・ファミリーマート・デイリーヤマザキ)でもらうか、自宅でネット印刷、もしくは集荷の際に持ってきてもらいましょう。

荷物と送り状の準備ができたら、営業所かコンビニへ持ち込むか集荷で発送して完了となります。

関連:宅急便コンパクトの送り方

ゆうパックでとうもろこしを送る

ゆうパックの基本情報
予想送料 1,280円〜
予想サイズ 100サイズ
発送場所 郵便局の窓口・コンビニ
追跡番号 あり
着払い あり
補償 あり

とうもろこしはゆうパックを利用してもいいでしょう。ゆうパックは3辺の長さの合計が170cm以内かつ重さ25kg以内の荷物であれば送れるので、とうもろこしを10本や20本でも問題なく送ることができます。

ダンボール 段ボール 100サイズ






とうもろこしの横幅はおよそ5~6cmなので、ダンボールへ立てて入れる場合はほとんど場所を取りませんが、その分ダンボールの高さが必要になります。

とうもろこしの高さは品種やひげの有無にもよりますが、およそ20~30cmほどなので、100サイズのダンボールを使うのがおすすめです。

ただし、送る本数が少ない場合はゆうパックの100サイズだと大きすぎるので、その場合は60サイズや80サイズにしてとうもろこしは寝かせて送りましょう。

ゆうパックの送料は荷物のサイズと地域によって決まります。例として、千葉県から大阪府に100サイズのとうもろこしを送る場合の送料は1,440円になります。

宅急便コンパクト同様に、通常のゆうパックも常温発送となるので、とうもろこしの品質を維持することを優先して送りたい場合はクール便で送るようにしましょう。

ゆうパックの発送方法は、郵便局やコンビニ(ローソン・ミニストップ・セイコーマート)でもらえるラベルに必要事項を記入し、郵便窓口かコンビニから発送することができます。

とうもろこしの数が多くて持ち運ぶのが大変な場合は、自宅まで取りに来てくれる集荷を依頼しましょう。

少しでも費用を抑えたい場合は、直接持ち込むことで持込割引を受けることができます。持込割引は郵便局の窓口はもちろん、コンビニからの発送でも適用されます。

関連:ゆうパックの送り方

チルドゆうパックでとうもろこしを送る

チルドゆうパックの基本情報
予想送料 1,280円+保冷料〜
予想サイズ 100サイズ
発送場所 郵便局の窓口・集荷
追跡番号 あり
着払い あり
補償 あり

とうもろこしを保冷して送りたい場合は、チルドゆうパックが最も安い発送方法になります。チルドゆうパックは3辺合計150cm以内で重量は25kgまで対応しており、庫内の温度はおよそ0~5℃の冷蔵温度帯で配送されます。

基本的にとうもろこしはクール便の冷蔵温度帯で送るのが適しています。

他の野菜と同じでとうもろこしも冷やすことで鮮度を保つことができるので、特にピュアホワイトのように糖度の高さが魅力のとうもろこしは、多少送料が高くなってもクール便で送るようにしましょう。

ただし、冷蔵した場合でもとうもろこしの賞味期限は常温と変わらず2~3日程度と短いのでご注意ください。

チルドゆうパックの送料は、通常のゆうパックの送料に加えて保冷料金がかかります。例として、100サイズのとうもろこしを同県内に送った場合は1,955円、鹿児島県から東京都に送った場合は2,435円になります。

また、チルドゆうパックとは別に冷凍ゆうパックもありますが、冷凍ゆうパックは郵便局と事前契約した法人や個人事業主向けのサービスとなるので、冷凍温度帯で送りたい場合はヤマト運輸のクール宅急便を利用しましょう。

チルドゆうパックの発送方法は、郵便局の窓口へ直接持ち運ぶか集荷を依頼して発送することになりますが、小さい郵便局だと保管設備がないことがあるため、その場合は自宅で予冷して集荷を依頼します。

常温のままクール便で依頼すると他の荷物に影響を与える可能性があるため、必ず予冷して送るようにしましょう。

なお、チルドゆうパックはコンビニから発送することはできないのでご注意ください。

関連:チルドゆうパックの送り方


メルカリの場合



◼常温で送るなららくらくメルカリ便の宅急便

フリマアプリのメルカリでとうもろこしを販売し常温で発送する場合は、メルカリ独自の送り方であるらくらくメルカリ便の宅急便で送るのが最も安い発送方法となります。

らくらくメルカリ便の宅急便はメルカリとヤマト運輸が提携しているサービスで、通常の宅急便と同じサービスの内容でかつ、より安く送れるのが特徴です。

送料は全国一律料金で、100サイズのとうもろこしであれば北海道から新潟県や鳥取県などどこへ送った場合でも、同じ1,000円で送ることができます。

ただし、メルカリ便はクール便で送ることはできないので、とうもろこしを冷蔵または冷凍して送りたい場合は日本郵便やヤマト運輸のクール便を利用することになります。

品質の劣化はメルカリだとトラブルの原因になるので、とうもろこしはメルカリの場合でもクール便で送るのがおすすめです。

◼クール便で送るならチルドゆうパック

メルカリで販売したとうもろこしを冷蔵温度帯で送りたい場合は、前述したチルドゆうパックを利用するのがいいでしょう。

ただし、送料は通常のゆうパックに保冷料が加算されて高くなるため、とうもろこしの価格設定によっては赤字になる場合があるのでご注意ください。

また、常温発送になるか冷蔵発送になるかは必ず相手に伝えるようにしましょう。

◼着払いで送りたいなら通常のゆうパック

上記したメルカリ便では着払いにして送ることはできないため、送料分も計算した上で出品時に商品代金に含める必要があります。

メルカリでの取引でとうもろこしを送る際でも、着払いにして送りたい場合には通常のゆうパックを利用して送るようにするといいでしょう。

クール便で送りたい場合は、チルドゆうパックやクール宅急便でも着払いにして送ることができます。

ただし、メルカリ便の特徴である匿名配送や宛名書き不要といったサービスは、通常のゆうパックやクール便で送った場合には利用できないのでその点はご了承ください。

関連:品目(送るもの)から送り方を探す



関連記事

人気記事

水筒水筒・タンブラーを安く送る発送方法と梱包方法
クッション・ソファーソファーを安く送る発送方法と梱包方法
カーディガンカーディガンを安く送る発送方法と梱包方法
金魚水槽を郵送で安く送る発送方法と梱包方法
トートバッグトートバッグを郵送で安く送る発送方法と梱包方法
当サイトで人気の送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
レターパックライト 370円 日本郵便
ゆうパック 810円〜 日本郵便
宅急便 930円〜 ヤマト運輸
ゆうメール 180円〜 日本郵便
クリックポスト 198円 日本郵便

送料が安い送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
ミニレター 63円 日本郵便
定形(普通郵便) 84円〜 日本郵便
定形外(普通郵便) 120円〜 日本郵便
スマートレター 180円 日本郵便
クリックポスト 198円 日本郵便

用途別の一番安い送り方
【小型】小型で送料が一番安い送り方 【大型】大型で送料が一番安い送り方
【追跡】追跡できる一番安い送り方 【着払】着払できる一番安い送り方
【速達】速達がある一番安い送り方 【補償】補償がある一番安い送り方
【複数】複数荷物の一番安い送り方 【日時】日時指定の一番安い送り方

近くのコンビニから送る
レターパックの購入と発送が出来るコンビニ一覧とかいろいろ ゆうパックの発送が出来るコンビニ一覧などいろいろ ファミリーマートから荷物を送る方法と荷物を受け取る方法 セブンイレブンで宅急便を送る方法と宅急便を受け取る方法 ローソンで荷物を送る方法と荷物を受け取る方法

送り方を探す
場所から送り方を探す

コンビニや郵便局など宅配便・郵便で送る荷物を差し出せる場所をまとめています。

料金から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの料金を比較出来るように一覧としてまとめています。

品目から送り方を探す

本・食べ物・家電など送るものに適した宅配便・郵便の送り方をまとめています。

割引から送り方を探す

送料が毎回10%引きになる割引や無料で梱包アイテムを手に入れる方法です。

日数から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの荷物が到着するまでの日数をまとめています。

目的から送り方を探す

着払いや速達など宅配便・郵便のサービスごとのオプションをまとめています。

小さい荷物の送り方

本・雑誌・書類・CD・DVDなど小さい荷物を安く送る方法をまとめています。

大きい荷物の送り方

大量の衣類や漫画のセットなど大きい荷物を送る方法をまとめています。


このページの先頭に戻る

このサイトのトップページへ


このページの先頭へ