ブルーベリーを郵送で安く送る発送方法と梱包方法




自分で育てたブルーベリーや貰い物のブルーベリーをヤマト運輸・佐川急便・日本郵便などの宅配便や郵送で安く発送するための配送方法と梱包方法についてです。

フリマアプリのメルカリ・ラクマ、そしてヤフオクなどのネットオークションに出品している方も参考にしてみてください。

送料が一番安い最安値の送り方はゆうパックで、チルドゆうパックやクール宅急便でも送ることができます。

ブルーベリーは乾燥に弱く追熟もしない果物になるので、基本的には冷蔵温度帯で送るのがいいでしょう。


ブルーベリーの梱包方法

◼常温でブルーベリーを送る場合

常温でブルーベリーを送る場合の梱包方法は、自宅で採れたブルーベリーでも水洗いはせずにそのまま梱包していきます。

水洗いした場合は水気がしっかり取れていないと細菌が繁殖する可能性があるので、水洗いする場合は受取側に到着してから行うのがいいでしょう。

収穫したブルーベリーの場合はそのまま粒をフードパックへ詰めていきます。フードパックの中にはブルーベリー専用のものもあるので、高級なブルーベリーを送る際にはおすすめです。

注意点として、ブルーベリーは常温で密封してしまうと蒸れてしまいカビの原因にもなるので、必ず穴の空いた通気性の良いフードパックに梱包しましょう。

フードパックに詰めた後は、ダンボールへ入れて梱包完了です。パックが複数ある場合はダンボール内へ重ねて入れても問題ありません。

ただし、ダンボールとパックの間に隙間があると配送中に動いてしまうので、隙間には緩衝材を詰めておきます。

緩衝材は新聞紙でも代用可能ですが、隙間を埋める専用のエアー緩衝材もあります。

エアー緩衝材 使いやすい箱入りタイプ






◼クール便でブルーベリーを送る場合

ブルーベリーをクール便で送る場合の梱包方法は、常温で送る場合と同様に水洗いはせずに梱包していきます。水洗いをして冷凍すると霜の原因になるのでご注意ください。

クール便の場合はOPP袋へ粒を入れて空気が入らないよう密封します。

OPP袋 大きい物のラッピングに最適






OPP袋へ入れた後は適したサイズのダンボールへ入れて梱包完了です。

ゆうパックでブルーベリーを送る

ゆうパックの基本情報
予想送料 810円〜
予想サイズ 60サイズ
発送場所 郵便局の窓口・コンビニ
追跡番号 あり
着払い あり
補償 あり

それなりに量があるブルーベリーの場合は、ゆうパックで送るのが最も安い発送方法になります。ゆうパックは3辺の長さの合計が170cm以内かつ重さ25kg以内の荷物が送れる送り方で、配達日数がかからない場合は常温でも送ることができます。

60サイズ激安ダンボール箱A4






ジャムなどに加工されていない生のブルーベリーは常温保存が向いていない果物になるため、基本的にはクール便での発送をおすすめしますが、夏以外の時期や配達距離が近い場合であれば常温でも送ることができます。

ただし、ブルーベリーは常温で保存しても追熟しない果物になるので、送料が多少安くなる点を除き常温で送るメリットはほとんどありません。

常温だと賞味期限も2~3日と短いので、可能であれば冷蔵または冷凍で送るようにしましょう。

ゆうパックのサイズに関しては、ブルーベリーは大量に送るようなことが少ない品目になるので、最小の60サイズでも十分な量を送ることができます。

実際に販売されている3辺のサイズが16cm×13cm×3cmのフードパックを例にすると、1パック分のブルーベリーであればゆうパックではなくヤマト運輸の宅急便コンパクトでも送ることができます。

送料も安く箱型の専用BOXにもきれいに収まるので、500gほどのブルーベリーであれば宅急便コンパクトで送るようにしましょう。

ゆうパックの送料は荷物のサイズと地域によって決まります。例えば、東京都から大阪府に60サイズのブルーベリーを送る場合の送料は970円になります。

ゆうパックの発送方法は、郵便局やコンビニ(ローソン・ミニストップ・セイコーマート)でもらえるラベルに必要事項を記入し、郵便窓口かコンビニから発送することができます。

自宅まで荷物を取りに来てもらえる集荷を利用することもできますが、ブルーベリーのように小さい品目は直接持ち込んだ方がいいでしょう。直接持ち込むことで持込割引を受けることもできます。

持込割引は郵便局の窓口はもちろん、コンビニからの発送でも適用されます。

関連:ゆうパックの送り方

チルドゆうパックでブルーベリーを送る

チルドゆうパックの基本情報
予想送料 810円+保冷料〜
予想サイズ 60サイズ
発送場所 郵便局の窓口・集荷
追跡番号 あり
着払い あり
補償 あり

ブルーベリーを冷蔵温度で送りたい場合は、チルドゆうパックが最も安い発送方法になります。チルドゆうパックは3辺合計150cm以内で重量は25kgまで対応しており、庫内の温度はおよそ0~5℃の冷蔵温度帯で配送されます。

追熟しないブルーベリーは基本的にクール便で送るのが適しています。冷やして送る場合は冷蔵温度帯と冷凍温度帯がありますが、どちらで送るかはブルーベリーの用途にもよります。

果肉を壊さずなるべく本来の状態を維持することが目的であれば、チルドゆうパックの冷蔵温度帯で送るようにしましょう。

また、ブルーベリーは冷蔵することで賞味期限も一週間日持ちするようになります。

チルドゆうパックの送料は、通常のゆうパックの送料に加えて保冷料金がかかります。例として、60サイズのブルーベリーを同県内に送った場合は1,035円、茨城県から京都府に送った場合は1,195円になります。

また、チルドゆうパックとは別に冷凍ゆうパックもありますが、冷凍ゆうパックは郵便局と事前契約した法人や個人事業主向けのサービスとなります。冷凍温度帯で送りたい場合は後述クール宅急便を利用しましょう。

チルドゆうパックの発送方法は、郵便局の窓口へ直接持ち運ぶか集荷を依頼して発送することになりますが、小さい郵便局だと保管設備がないことがあるため、予冷しておきたい場合は直接窓口へ持ち運ぶより集荷を依頼するのがおすすめです。

注意点として、しっかり予冷されていないと荷受けを断られることがあるので、クール便を利用する際は発送まで冷蔵庫で保存しておきましょう。

なお、チルドゆうパックはコンビニから発送することはできません。

関連:チルドゆうパックの送り方

クール宅急便でブルーベリーを送る

クール宅急便の基本情報
予想送料 1,150円〜
予想サイズ 60サイズ
発送場所 営業所・集荷
追跡番号 あり
着払い あり
補償 あり

ブルーベリーを冷凍して送りたい場合は、ヤマト運輸のクール宅急便で送りましょう。クール宅急便は3辺合計120cm以内で重量は15kgまで対応している送り方で、冷蔵タイプは0~10℃、冷凍タイプは-15℃以下の2つの温度帯で送ることができます。

果物の多くは冷凍することで食感や風味が損なわれますが、ブルーベリーは冷凍して粒の状態が変わっても、そのまま生で美味しく食べることができる果物です。

また、冷凍した場合はジャムやシロップ、ピューレなどにも使うことができるので、前述したように使う目的によっては冷凍温度帯で発送しても全く問題ありません。

特に、夏場に発送する場合は最も安全に送ることができるでしょう。

クール宅急便の送料は、荷物のサイズと配送距離によって変わります。例として、60サイズのブルーベリーを長野県から福岡県に送った場合は1,590円になります。冷蔵タイプでも冷凍タイプでも送料は変わりません。

クール宅急便の発送方法は、ヤマト運輸の営業所へ持ち込むか集荷を依頼して発送することになります。

冷凍タイプで送る場合はラベルの「冷凍」にチェックを入れ、配達員が来るまで-15℃以下で12時間以上の予冷をしておきましょう。

チルドゆうパック同様に、しっかり予冷されていないと他の荷物に影響を与える可能性があり荷受けを断られる場合があります。

クール宅急便に関してもコンビニからの発送はできません。

関連:クール宅急便の送り方

メルカリの場合



◼常温で送るなららくらくメルカリ便の宅急便

フリマアプリのメルカリでブルーベリーを販売し常温で発送する場合は、メルカリ独自の送り方であるらくらくメルカリ便の宅急便で送るのが最も安い発送方法となります。

らくらくメルカリ便の宅急便はメルカリとヤマト運輸が提携しているサービスで、通常の宅急便と同じサービスの内容でかつ、より安く送れるのが特徴です。

送料は全国一律料金で、60サイズのブルーベリーであれば群馬県から山口県や佐賀県などどこへ送った場合でも、同じ700円で送ることができます。

前述したようにブルーベリーはそれほど多く送るような品目ではないので、1~2パック程度であればらくらくメルカリ便の宅急便コンパクトで送った方が送料は安くなります。

宅急便コンパクトの送料は全国一律380円なので、メルカリで送料を抑えたい場合はできる限り小さいサイズの発送方法を選びましょう。

ただし、常温で送る場合は届けることができる地域を限定するなど、ブルーベリの鮮度に影響が出ないよう注意する必要があります。

◼クール便で送るならチルドゆうパック

メルカリで販売したブルーベリーは、気温が高い時期や配達日数がかかる場合はチルドゆうパックで送るのがおすすめです。

クール便を使う際の注意点として、メルカリ内のブルーベリーの相場は1,200円など比較的安価でも販売されている品目になります。1,000円代になるとクール便では赤字になるか、もしくはほとんど利益にならない可能性があるのでご注意ください。

送料を抑えたい場合は、配達距離にもよりますが常温発送のメルカリ便を使うのがいいでしょう。

◼着払いで送りたいなら通常のゆうパック

上記したメルカリ便では着払いにして送ることはできないため、送料分も計算した上で出品時に商品代金に含める必要があります。

メルカリでの取引でブルーベリーを送る際でも、着払いにして送りたい場合にはブルーベリーの量に合わせて通常のゆうパックか宅急便コンパクトを利用して送るようにするといいでしょう。

クール便で送りたい場合は、チルドゆうパックやクール宅急便でも着払いにして送ることができます。

ただし、メルカリ便の特徴である匿名配送や宛名書き不要といったサービスは、通常のゆうパックや宅急便コンパクト、またはクール便で送った場合にも利用できないのでその点はご了承ください。

関連:品目(送るもの)から送り方を探す



関連記事

人気記事

食べ物お土産のお菓子を安く送る発送方法と梱包方法
アイスアイスクリームを安く送る発送方法と梱包方法!海外発送についても
郵便カップラーメンを郵送で安く送る発送方法と梱包方法!海外発送についても
ヤマト運輸三輪車を郵送で安く送る発送方法と梱包方法
握手握手券を郵送で安く送る発送方法と梱包方法
当サイトで人気の送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
レターパックライト 370円 日本郵便
ゆうパック 810円〜 日本郵便
宅急便 930円〜 ヤマト運輸
ゆうメール 180円〜 日本郵便
クリックポスト 188円 日本郵便

送料が安い送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
ミニレター 63円 日本郵便
定形(普通郵便) 84円〜 日本郵便
定形外(普通郵便) 120円〜 日本郵便
スマートレター 180円 日本郵便
クリックポスト 188円 日本郵便

用途別の一番安い送り方
【小型】小型で送料が一番安い送り方 【大型】大型で送料が一番安い送り方
【追跡】追跡できる一番安い送り方 【着払】着払できる一番安い送り方
【速達】速達がある一番安い送り方 【補償】補償がある一番安い送り方
【複数】複数荷物の一番安い送り方 【日時】日時指定の一番安い送り方

近くのコンビニから送る
レターパックの購入と発送が出来るコンビニ一覧とかいろいろ ゆうパックの発送が出来るコンビニ一覧などいろいろ ファミリーマートから荷物を送る方法と荷物を受け取る方法 セブンイレブンで宅急便を送る方法と宅急便を受け取る方法 ローソンで荷物を送る方法と荷物を受け取る方法

送り方を探す
場所から送り方を探す

コンビニや郵便局など宅配便・郵便で送る荷物を差し出せる場所をまとめています。

料金から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの料金を比較出来るように一覧としてまとめています。

品目から送り方を探す

本・食べ物・家電など送るものに適した宅配便・郵便の送り方をまとめています。

割引から送り方を探す

送料が毎回10%引きになる割引や無料で梱包アイテムを手に入れる方法です。

日数から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの荷物が到着するまでの日数をまとめています。

目的から送り方を探す

着払いや速達など宅配便・郵便のサービスごとのオプションをまとめています。

小さい荷物の送り方

本・雑誌・書類・CD・DVDなど小さい荷物を安く送る方法をまとめています。

大きい荷物の送り方

大量の衣類や漫画のセットなど大きい荷物を送る方法をまとめています。


このページの先頭に戻る

このサイトのトップページへ


このページの先頭へ