パンを郵送で安く送る発送方法と梱包方法




手作りや市販のパンをヤマト運輸・佐川急便・日本郵便などの宅配便や郵送で安く発送するための配送方法と梱包方法についてです。

フリマアプリのメルカリ・ラクマ、そしてヤフオクなどのネットオークションに出品している方も参考にしてみてください。

送料が一番安い最安値の送り方はチルドゆうパックで、クール宅急便や飛脚クール便でも送ることができます。

パンの種類や時期にもよりますが、基本的には生ものになるので常温では送らないようにしましょう。


パンの梱包方法

◼手作りのパンを梱包する場合

手作りしたパンの梱包方法は、焼きたてであればまずはパンが人肌になるくらいまで冷ましてから、パン専用の袋またはOPP袋へ入れます。温度が高いまま梱包すると中で蒸れてしまうので、必ず粗熱を取ってから梱包しましょう。

袋へ入れる際は、乾燥剤のシリカゲルを一緒に入れておくと湿気からパンを防ぐことができます。

また、シナモンロールなどアイシングがされているパンの場合は、マチが大きめの袋へ入れて上部に隙間を作ると、袋にくっつきにくくなるのでおすすめです。

透明OPP袋 テープ付き






OPP袋へ入れた後は、送る量に合わせて紙袋やダンボールへ入れて梱包完了です。

冷蔵または冷凍保存で送る場合も一般的なダンボールへ入れて問題ありませんが、隙間があると配送中にパンが動いてしまうので、隙間には緩衝材を詰めておきましょう。

緩衝材は新聞紙やプチプチでも代用可能ですが、専用のエアー緩衝材もあります。

エアー緩衝材 使いやすい箱入りタイプ






無添加になる手作りパンは市販のパンより傷みやすく劣化もしやすいので、温度・空気・湿気には十分気を付けて梱包を行いましょう。

◼市販のパンを梱包する場合

市販のパンを梱包する方法は、包装された未開封のものであれば、そのままの状態で紙袋やダンボールへ梱包します。

開封している場合は手作りのパンと同様の梱包を施して送るようにしましょう。

チルドゆうパックでパンを送る

チルドゆうパックの基本情報
予想送料 800円+保冷料〜
予想サイズ 60サイズ
発送場所 郵便局の窓口・集荷
追跡番号 あり
着払い あり
補償 あり

パンはチルドゆうパックで送るのが最も安い発送方法になります。チルドゆうパックは3辺合計150cm以内で重量は25kgまで対応しており、庫内の温度はおよそ0~5℃の冷蔵温度帯で配送されます。

注意点として、一般的なパンはデンプンを多く含み、デンプンは0~4℃の温度帯で劣化が進む成分です。そのため、パンのほとんどは冷蔵保存することで味が落ちたり硬くなる可能性があります。

美味しいパンを届けたい場合にはあまり冷蔵保存で送るのはおすすめできませんが、食べられないわけではないので、パンを安く送ることを優先したい場合はチルドゆうパックを利用するのがいいでしょう。

送料よりもパンの風味を落とさずに送りたい場合は、後述するクール宅急便の冷凍タイプで送るのがおすすめです。

ただし、肉・野菜・フルーツ・生クリームなどが使われている一部のパンに関しては、冷凍保存より冷蔵保存で送った方が解凍時に味が劣化しないため適しています。

チルドゆうパックの送料は、通常のゆうパックの送料に加えて保冷料金がかかります。例として、60サイズで同じ県内に送った場合は1,020円、千葉県から岡山県に送った場合は1,300円になります。

ダンボール 段ボール 60サイズ






チルドゆうパックは配達日指定もできるので、持ち戻りにならないためにも、受取人が確実に受け取れる日に指定しておきましょう。

また、チルドゆうパックとは別に冷凍ゆうパックもありますが、冷凍ゆうパックは郵便局と事前契約した法人や個人事業主向けのサービスとなります。

常温でパンの発送を考える人もいるかもしれませんが、冬の時期でも衛生面を考慮して常温では送らないようにしましょう。

また、コンビニやスーパーなど、パン屋以外で市販されているパンだと保存料が使用されているため日持ちはしますが、それでも常温ではなく冷凍保存で送ることをおすすめします。

チルドゆうパックの発送方法は、郵便局の窓口へ直接持ち運ぶか集荷を依頼して発送することになりますが、小さい郵便局だと保管設備がないことがあるため、直接窓口へ持ち運ぶより集荷で発送するのがおすすめです。

なお、チルドゆうパックはコンビニから発送することはできないのでご注意ください。

関連:チルドゆうパックの送り方

クール宅急便でパンを送る

クール宅急便の基本情報
予想送料 1,123円〜
予想サイズ 60サイズ
発送場所 営業所・集荷
追跡番号 あり
着払い あり
補償 あり

パンはヤマト運輸のクール宅急便でも送ることができます。クール宅急便は3辺合計120cm以内で重量は15kgまで対応している送り方で、冷蔵タイプは0~10℃、冷凍タイプは-15℃以下の二つの温度帯で送ることができます。

パンは基本的に冷凍保存で送るのが最も適しています。特に食パンやフランスパンなど、油分や砂糖が少ないリーンなパンは傷みも早いので、クール宅急便の冷凍タイプで送るようにしましょう。

ただし前述したように、野菜やフルーツが使われているパンは冷凍が不向きで、解凍時に具材の組織が破壊されて美味しさを損なう可能性があるのでおすすめしません。

クール宅急便の送料は、荷物のサイズと配送距離によって変わります。例として、60サイズのパンを長野県から三重県に送った場合は1,123円、宮城県から高知県に送った場合は1,555円になります。

クール宅急便の発送方法は、冷凍タイプの場合は必ずラベルの「冷凍」にチェックを入れ、ヤマト運輸の営業所へ持ち込むか集荷を依頼して発送することになります。

自宅で予冷している場合は、持ち運ぶときに温度が下がってしまうので集荷を依頼するのがいいでしょう

チルドゆうパック同様、コンビニからの発送はできないのでご注意ください。

関連:クール宅急便の送り方

飛脚クール便でパンを送る

飛脚クール便の基本情報
予想送料 756円+保冷料〜
予想サイズ 60サイズ
発送場所 佐川急便の営業所
追跡番号 あり
着払い あり
補償 あり

パンの発送は佐川急便の飛脚クール便を利用してもいいでしょう。飛脚クール便は3辺合計140cm以内で重量20kgまでの荷物に対応しており、冷蔵品で2℃~10℃、冷凍品で-18℃以下の二つの温度帯で送ることができます。

飛脚クール便でパンを送る場合も同様で、基本的には冷凍品として送るようにしましょう。飛脚クール便であればクール宅急便よりも低い温度帯でパンを届けることができます。

送料は通常の飛脚宅配便に加えてクール料金が加算されます。例として、60サイズのパンを群馬県から香川県に送る場合の送料は1,350円になります。

飛脚クール便の発送方法は、集荷を依頼して発送します。その際、送り状がない場合は集荷を依頼する時に一緒に持って来てもらいましょう。

受け取った送り状のクール便チェックボックスの「冷凍」にチェックを入れ、配達員には飛脚クール便であることを伝えて発送完了となります。

飛脚クール便の場合も、必要であれば集荷が来るまでパンは予冷しておきましょう。

関連:飛脚クール便の送り方

メルカリの場合



◼手作りしたパンを出品するには保健所の許可が必要

メルカリでは「保健所などの許可がない加工食品、販売に特定の許可が必要な食品類、その他食品類」とガイドラインにあるため、出品できるのは販売許可を得ている店舗や工場などになります。

個人が趣味で作ったようなパンをメルカリに出品することはできません。

許可を得ている場合でも、賞味期限や食品表示には厳しいルールが設けられているので、必ずガイドラインを確認してから出品するようにしましょう。

◼一番安い最安値で送るならチルドゆうパック

フリマアプリのメルカリでパンを販売して発送する場合、前述したチルドゆうパック
が最も送料が安い送り方になります。

ただし、チルドゆうパックは冷蔵保存として送られることになるので、温度帯としてはパンの保存に適していません。

当日中に届く場合であればそれほど風味が劣化することはありませんが、心配な場合は冷凍保存で送るようにしましょう。

◼冷凍で送りたいならクール宅急便か飛脚クール便

最もパンの保存に適している冷凍保存で送りたい場合は、ヤマト運輸のクール宅急便か佐川急便の飛脚クール便で送るのがおすすめです。

送料の違いに関しては、60サイズであれば飛脚クール便の方が安く、80サイズ以上になるとクール宅急便の方が安くなります。

また、どちらも着払いにして送ることができます。

ただし、メルカリ便の特徴である匿名配送や宛名書き不要といったサービスは、どのクール便でも利用できないのでその点はご了承ください。

関連:品目(送るもの)から送り方を探す



関連記事

人気記事

ipadiPadなどタブレット本体を安く送る発送方法と梱包方法
ヘッドホンヘッドホンを安く送る発送方法と梱包方法
タペストリー・秋葉原タペストリーを安く送る発送方法と梱包方法
プラモデル・戦車プラモデルを安く送る発送方法と梱包方法
野菜たけのこを郵送で安く送る発送方法と梱包方法
当サイトで人気の送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
レターパックライト 360円 日本郵便
ゆうパック 800円~ 日本郵便
宅急便 907円~ ヤマト運輸
ゆうメール 180円〜 日本郵便
クリックポスト 185円 日本郵便

送料が安い送り方ランキング
順位
送り方 料金 会社名
ミニレター 62円 日本郵便
定形(普通郵便) 82円~ 日本郵便
定形外(普通郵便) 120円~ 日本郵便
スマートレター 180円 日本郵便
クリックポスト 185円 日本郵便

用途別の一番安い送り方
【小型】小型で送料が一番安い送り方 【大型】大型で送料が一番安い送り方
【追跡】追跡できる一番安い送り方 【着払】着払できる一番安い送り方
【速達】速達がある一番安い送り方 【補償】補償がある一番安い送り方
【複数】複数荷物の一番安い送り方 【日時】日時指定の一番安い送り方

近くのコンビニから送る
レターパックの購入と発送が出来るコンビニ一覧とかいろいろ ゆうパックの発送が出来るコンビニ一覧などいろいろ ファミリーマートから荷物を送る方法と荷物を受け取る方法 セブンイレブンで宅急便を送る方法と宅急便を受け取る方法 ローソンで荷物を送る方法と荷物を受け取る方法

送り方を探す
場所から送り方を探す

コンビニや郵便局など宅配便・郵便で送る荷物を差し出せる場所をまとめています。

料金から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの料金を比較出来るように一覧としてまとめています。

品目から送り方を探す

本・食べ物・家電など送るものに適した宅配便・郵便の送り方をまとめています。

割引から送り方を探す

送料が毎回10%引きになる割引や無料で梱包アイテムを手に入れる方法です。

日数から送り方を探す

宅配便・郵便の全サービスの荷物が到着するまでの日数をまとめています。

目的から送り方を探す

着払いや速達など宅配便・郵便のサービスごとのオプションをまとめています。

小さい荷物の送り方

本・雑誌・書類・CD・DVDなど小さい荷物を安く送る方法をまとめています。

大きい荷物の送り方

大量の衣類や漫画のセットなど大きい荷物を送る方法をまとめています。


このページの先頭に戻る

このサイトのトップページへ


このページの先頭へ